山梨県甲府市の医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科 【内科・循環器科・呼吸器科・小児科】
ホーム > 感染病後の職場復帰目安

新型コロナウイルス感染後の職場復帰目安

厚生労働省が示す退院基準の改定】

@症状がある場合(感染者)
発熱等の症状が出てから10日間経過し、かつその症状が軽快してから72時間経過したとき
症状軽快後、48時間以上の間隔をあけ、2回のPCR検査で連続して陰性が確認されたとき
A症状がない場合(無症状病原体保持者または検査陽性者)
検査のために検体をとった日から10日間を経過したとき
検体採取から6日後、24時間以上の間隔をあけ、2回のPCR検査で陰性が確認されたとき

以上、宿泊もしくは自宅療法の方の場合は、退院時基準を復職の目安として良いと考えれます。
入院をされていた方は、退院後7日程度の自宅待機(在宅勤務)が望ましいとされています。

<復職にあたり職場からPCR検査による陰性確認を求められた場合>
※隔離措置後2週間は陽性率が高い事から、少なくとも措置後10日間空けての検査推奨

PCR検査未実施状況における感染病後の職場復帰目安


 風邪症状などでPCR検査の適応とならず、新型コロナウイルスの感染が不明確な状況で、通常の外来治療や自然経過で自覚症状が軽快し、既に発熱症状も治まっている場合、”いつから職場へ復帰して良いですか?”とのご相談を頂く機会が多い事から、「ヨーロッパ CDC の隔離解除基準」を参考にした職場復帰の目安をお知らせします。
★「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド第1版」より
一般社団法人日本渡航医学会・公益社団法人 日本産業衛生学会の共同監修


医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科
  山梨県臨床内科医会事務局
〒400-0851 山梨県甲府市住吉1-10-4
TEL(055)235-2278 FAX(055)232-9612

Copyright (c) Kyoueikai Imaijunkanki-kokyukika All Rights Reserved.