山梨県甲府市の医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科 【内科・循環器科・呼吸器科・小児科】
ホーム > 院内新型コロナ感染対策

院内感染対策

滅菌ボックス

 当院は下足のまま入室が出来ません。スリッパに履き替えて頂く必要がありますが、紫外線滅菌ボックスをご用意してありますので、ご利用ください。スリッパ自体も定期的にアルコール噴霧消毒をしています。欧米では「土足」による新型コロナウイルスの室内汚染が懸念されており、米疾病対策センターが発表したレポートによると、医療従事者だけが出入りする薬局の床の新型コロナウイルス陽性率は100%であったとの報告もあり、日本の生活様式が感染蔓延の防止に役立っていると考えられています。

床清掃

 埃にコロナウイルスが付着する事が確認されている為、毎日昼休みにエタノールとイソプロパノール配合液による床消毒を徹底しています。外来業務中は、全職員がフェイスガードやアイシールド・感染防御ガウンを着用し、N95またはDS2規格のマスクに医療用サージカルマスクを重ねて使用しています。

自暴噴霧

 院内出入り口にはエタノール含有量70%以上のセンサー式自動噴霧アルコール消毒液を準備していますので、来院時及びお帰りの際にご利用ください。手動ポンプ式ではない為、消毒容器に手が触れる事がありません。



受付シールド

 受付にはスライド可動式の特注アクリル板を設置しました。上部には空間を設け、会話の声が聞き取り難くならないように配慮しています。また、患者様ご自身による初診時の問診票の記載は中止しました。同意書や病気別の問診票の記載が必要な場合は、消毒済みのボールペンをお渡ししています。

サーモグラフィ

 原則、発熱がある方の院内への出入りを禁止していますが、自覚症状が乏しい場合がある事から、来院される方全員を対象に受付時サーモグラフィ判定を行っています。また、原則患者様の同伴者は1名でお願いしています。

受付サーモ

 額部の赤色変化をもって発熱の簡易判定とし、発熱が疑われる場合は即座に体温測定を行い、発熱が確認された場合は、院内陰圧隔離室へご移動頂くか、来院されたお車に戻り待機をして頂きます。

体温計

 体温測定は感染予防の観点から非接触式体温計を使用しています。



問診時

 診察前の血圧や体重・体温などの測定は、看護師が問診をしながら行います。点滴台を改良したオリジナルのアクリルシールドで看護師と患者様が濃厚接触をしない様にしました。また聴診器や血圧計等、患者様に直接触れる院内医療機器は頻回に70%以上のエタノールによる拭き取りもしくは非引火性ガス噴霧消毒をしています。元々院内待合室には20名以上分の座席があるため、現状患者様同士の接触をさける目的で再診時完全予約制としている事から、院内座席で患者様同士が隣り合って座る事はありません。更に毎日全座席もエタノール噴霧消毒を行っています。

採血台

 採血や注射を行う場合の移動式処置台を準備しました。点滴台を改良したオリジナルのビニールシートシールドを併設し、看護師と患者様が濃厚接触しない様になっています。小型処置台のため消毒作業を速やかに行う事が出来ます。

処置室消毒

 院内処置室にも自動噴霧式アルコール消毒液を設置しており、看護師は頻回に消毒を行っています。また、血圧測定や注射処置など患者様に触れる場合、使い捨てビニール手袋を着用しています。

診察室

 診察室の卓上にアルコール消毒液を常備し、診察毎に消毒をしています。また、アイシールド・N95マスク・手袋・感染防御ガウンを着用しながらの診察になります。聴診は音量調整が可能な電子聴診器を用い、基本下着や薄手の服の上から行います。

除菌シート

 ドアノブ・手すり・テーブル・処置ベット・レントゲン台などは、高エタノール濃度除菌クロスもしくは米国環境保護庁(EPA)の認可の過酸化水素活性剤を用い、頻回に衛生管理を行っています。

エタノール噴霧

 院内設備・パソコン・手拭きでは消毒が難しいカーテンや布製品については、非引火性高圧ガス噴霧器を用いエタノール消毒を行っています。また、医師や看護師・事務員が、院外で診察・問診や会計を行った場合は、院内に戻る前に必ず院外で全身噴霧消毒を行ってから入室をしています。

ロッカー

 全職員の仕事着は毎日洗濯をした新しいものを使用しています。昼休みの時間帯は、紫外線ロッカーでの殺菌を行い、院長は午前と午後で仕事着を着替えて診察を行っています。

吸入器

 当院には吸入装置が3台ありますが、日本環境感染学会の「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド第2版改訂版」において、ネブライザー療法が大量のエアロゾルを生じ、感染の中リスクに該当するとされた為、当面、同処置は中止します。

超音波

 超音波検査時は、医療従事者と患者様との距離が近くなる事から双方の間にビニールカーテンを設置しました。検査技師も医師・看護師と同様に十分な感染防御対策を整え、検査毎のアルコール手指消毒や窓を開けての室内換気などを行っています。

通路

 呼吸困難や肺炎疑いで、急遽レントゲン撮影が必要となった場合、レントゲン室までの通路を閉鎖空間に出来る様に変更しました。但し、新型コロナウイルスの感染が否定出来ない方へのレントゲン検査は、通路やレントゲン室内の全域消毒作業が必要になる為、予約患者様の来院状況次第で、対応出来ない場合が御座います。


 レントゲンは撮影終了毎にエタノールでの拭き消毒を行っています。また呼吸困難症状の方の撮影後や画像上で肺炎所見が確認された後は、レントゲン室内窓の全開放による十分な換気の上、非引火性高圧ガスエタノール噴霧消毒も行います。

陰圧室

 理学療法室を改修した院内隔離室には、排気容量が大きな換気扇を新設して陰圧状態が保てる様にしました。アコーディオンカーテンが持ち上がる程の陰圧を達成していますので、隔離室から院内に空気が流出する事はありません。隔離室で診察を行った患者様につきましては、隔離室でお会計を致します。

隔離室

 陰圧隔離室の中には仕切りカーテンを設置してあります。写真左側の待機ベンチは出入り部分まで完全にカーテンで間仕切りが出来る仕様です。隔離室には院内で最も大きな窓があり、短時間で室内を換気する事も可能です。基本、複数の患者様が室内で同時待機する事はありませんが、感染流行期に備え、2組の隔離に対応しています。



 奈良県立医科大学からオゾンによる新型コロナウイルス不活性化の報告があり、追加報告が待たれる所ですが、院内隔離室のエタノール消毒に加え、オゾンクラスター1400によるウイルス対策も行う事にしました。同機器を用い職員休憩室なども定期的に衛生管理を行っています。

ジアイーノ

 院内に大小合計で3台のジアイーノを設置しています。揮発した次亜塩素酸を空間に放出する事で、部屋に付着した菌やウイルスに効果を発揮します。発売元パナソニックの公表データによると密室状態で細菌やウイルスを99.9%抑制するには、少なくとも9時間を要するとの結果から、換気が感染予防対策の主になる診療中は使用せず、平日診療終了後から翌日開院時間までの約14時間、週末は診療終了後から自動停止するまで連続運転を行っています。稼動から数時間もすると密室の院内はプールの消毒臭がします。但し、新型コロナウイルスに対する抑制効果は、未だ実証されていません。

受付消毒

 受付事務の机にも消毒液及び高濃度エタノール除菌シートを常備しており、頻回に手指やテーブルなどの消毒を行っています。

トレイ

 お支払いはアクリル板の会計扉を通して行います。会計トレイはアルコール消毒をしていますので、ご安心ください。また、ご要望次第で、おつりをお渡しする直前に、紙幣・硬貨へのアルコール噴霧などの対応も行っています。


医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科
  山梨県臨床内科医会事務局
〒400-0851 山梨県甲府市住吉1-10-4
TEL(055)235-2278 FAX(055)232-9612

Copyright (c) Kyoueikai Imaijunkanki-kokyukika All Rights Reserved.