山梨県甲府市の医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科 【内科・循環器科・呼吸器科・小児科】
ホーム > かかりつけ医・マナー

かかりつけ医について

  日常的な診療や健康管理を行ってくれる身近なお医者さんの事を「かかりつけ医」と呼んでいます。入院治療や精密検査が必要になった場合は、総合病院へ受診をして頂く事になりますが、現在、総合病院での診察は、その目的や病気の詳細を記した紹介状が必要となっています。その為、普段から健康相談や風邪等の病気を診てくれる「かかりつけ医」を持っておく事が大切です。

 「かかりつけ医」を持つには、互いの信頼関係を保ち、健康相談がある場合や病気になった場合は、まず「かかりつけ医」に相談し、はしご受診で病状が悪化してから来院しない、しばらく治療の継続が必要と判断された方については、自己判断で治療を中断して病状を悪化させない等、診療を受ける患者さん側についても真摯な姿勢が不可欠で、普段からのお付き合いが大切です。ご自身やご家族の健康状態、持病など包み隠さず話し合える「かかりつけ医」を持ち、いざ病気になった時に、どの診療科へ受診したら良いのか慌てないためにも、健康情報を共有できる「かかりつけ医」を持つ事が、安心の第一歩になります。


ルールやマナーについて

 昨今、多くの医療機関の口コミ情報に抽象的な批判が並んでいます。我々医療従事者は、誰隔てなく一生懸命に治療を行い、患者様の健康を守っていく努力をし、病気を良い方向へと導くために、生活の改善指導や治療中断の注意等をさせて頂く事があります。ただ、その受け止め方は千差万別で、残念ながらアドバイスを非常に感じが悪く傲慢な態度であると批判的に受け止める方や、長年開業を営んでおりますと、大変多くご来院頂く患者様の中には、クレマーやモンスターペイシェントと呼ばれる方が一定数いらっしゃいます。クレマーの自分本位の言動は、どの業種においても由々しき問題になっており、睡眠薬を含む特定の薬剤を執拗に希望したり、診療ガイドラインを鑑み適応外と考えられる治療や紹介の要求、不適当と考えられる診断書等の作成や書面の修正要求には、ご要望にお応え出来かねます。従って、その様なご要望を持つ方へは、他院での治療や受診をお勧めしています。また、実に医師の8割以上が遭遇するとされるモンスター・ペイシェントに対しては、各医療機関で対策マニュアルを準備するなど悩みが尽きる事がありません。もし当院の対応が不十分であると感じ、互いの信頼関係の構築が難しい様でしたら、通院が継続されている状況を前提に転院の紹介状をご用意しますので、お申し出下さい。又、限られた診察時間内で全ての方に100%ご満足頂く事は、極めて困難であり、当院では「かかりつけ医」の役割を超えた精密検査や治療を行う事は出来ませんので、何卒、ご了承下さい。

注)ネットは不特定多数の人がアクセスし閲覧できる為、名誉毀損の要件となる「公然性」があります。ネット上の誹謗中傷行為で、他人の社会的評価を害した場合には、民法上の名誉毀損罪となり、抽象的な指摘によって人を侮辱した場合には刑法231条の侮辱罪に該当し、名誉毀損罪と同じく他人の社会的評価を下げる行為です。業務に支障がでる場合は、偽計業務妨害罪が成立する場合も御座いますので、ご留意下さい。



医療法人恭栄会 今井循環器呼吸器科
  山梨県臨床内科医会事務局
〒400-0851 山梨県甲府市住吉1-10-4
TEL(055)235-2278 FAX(055)232-9612

Copyright (c) Kyoueikai Imaijunkanki-kokyukika All Rights Reserved.